企画展:やすだの学校-寺子屋から学校へ-

◎開催期間:11月3日(木・祝)〜令和5年3月12日(日)まで

近代の学校制度が発布してから令和4(2022)年で150年の節目にあたり、これを記念して、こうちミュージアムネットワークと連携して安田町の学校の歴史を紹介します。
安田町では明治時代以前から13の寺子屋や塾があったことが分かっており、「学び」に対して意欲的な町でした。
学制発布後に小村ごとに多くの学校が誕生しましたが、時代の流れで村の合併が進むと共に、学校も統合を繰り返し、現在は安田小中学校のみとなっています。
安田町の学校の変遷を年代を追って紹介し、また当時の貴重な写真や実際使われていた机や教材や給食食器などを展示します。

◎関連イベント
「美術の時間と給食の時間-干支文字ハンコや絵手紙を作り、給食を味わう-」

日時:11月19日(土) 10:00~13:00
場所:安田町多目的交流センターなかやま(旧中山小中学校)
参加費:500円
定員:20人(事前に「安田まちなみ交流館・和」までお申し込みください)