安田町をまるごと体験

めぐる!女子自転車旅

自転車で町なかめぐり、
体験と歴史散策の充実した旅。

自転車でまわる女子二人の気まま旅で彼女たちが感じた安田町は、
坂本龍馬に縁のあるホンモノ歴史でした。

大漁旗をつくる染料で
ランチョンマットの色付けに挑戦

安田駅に隣接する安田町文化センターでレンタサイクルを借りてスタート。最初に目指したのは、1830(天保元)年に創業した「豊永染工所」。大漁旗やのぼり、フラフなどを制作。その技術と伝統を守り、洗練された染物をつくっています。そこで“絵付け体験”をします。数種類の中から下絵を選び、ご主人から染料の使い方のポイントを聞き、約1時間、集中して自分たちで色を付けて完成したランチョンマット。旅の記念になります。

  • 住/安芸郡安田町安田1899
  • TEL.0887-38-6089(要事前予約)
  • 料/1,500円

安田の食材をフレンチ風に料理、太平洋を眺めながら昼食を

安田町の玄関口、国道55号沿いにあるランドマーク「輝るぽーと安田」の中で、白を基調にしたスタイリッシュな「レストラン・ラポール」で昼食。私たちはハンバーグセットと、ルッコラと生ハムのトマトパスタ(共に1,080円)を注文しました。ハンバーグはオリジナル玉ネギソースと合いますし、生パスタのモチッとした食感を楽しみました。

  • 住/安芸郡安田町安田1574-3
  • TEL.0887-38-5331
  • 営/11:30~20:30(L.O)
    *日祝は9:00より
  • 休/水曜(祝日の場合は営業、翌日休)

髙松家にまつわる歴史と、
町内外の人をつなぐ交流拠点

安田町商店街にある「安田まちなみ交流館・なごみは、日本建築の特長である庭園や欄間、西洋の様式が取り入れられた大正モダンな建物が隣り合って一体となった施設。陽の当たる縁側でのんびりと休憩しました。また、坂本龍馬の義兄となる髙松順蔵など安田町出身や、この地に縁のある幕末・明治維新の先人たちを紹介する常設展を見学。年間を通じて企画展もあります。龍馬と縁のある人々がたくさんいることを知って驚きました。 住/安芸郡安田町安田1674-1

  • 住/安芸郡安田町安田1674-1
  • TEL.0887-38-3047
  • 営/9:00~17:00(企画展観覧は有料)
  • 休/水曜(祝日の場合は翌日)
    *博覧会期間中は無休

安田の歴史文化ポイントを
自転車&町あるき

安田まちなみ交流館・ なごみ から髙松順蔵邸跡や安田八幡宮、順蔵・千鶴の墓、土佐鶴の白壁、乗光寺、南酒造の建物、安田川、海岸線などを散策します。自転車のスピードだから感じられる風景がたくさんあり、気が向いたところで気軽に立ち寄れるのがいいですね。安田川も本当にキレイだし、町の雰囲気も良かったです。

  • 観光全般の問合せ/町役場観光係
  • TEL.0887-38-6711

土佐の元気市で旅のお土産を

もう一度「輝るぽーと安田」へ戻り、地元の特産品やスイーツ、工芸品、野菜など何でも揃っている「土佐の元気市」でお買い物。ここで安田らしい手土産と楽しい思い出を持って帰ります。  
この後レンタサイクルを返却、鉄道「ごめん・なはり線」に乗って高知市方面へ向かいます。

  • 住/安芸郡安田町安田1716-6
  • TEL.0887-38-3320
  • 営/8:30~18:00
  • 休/第3水曜

スケジュール

10:30

安田町文化センター出発

自転車で約5分移動

10:35

豊永染工所で染め体験 【滞在時間約70分】

自転車で約5分移動

11:50

レストラン・ラポールで昼食 【滞在時間約60分】

自転車で約2分移動

12:52

安田まちなみ交流館・和 【滞在時間約40分】

徒歩、自転車で移動しながら

13:32

髙松順蔵邸、安田八幡宮、土佐鶴の白壁、髙松順蔵・千鶴の墓など町歩き散策 【滞在時間約120分】

 

15:32

土佐の元気市でお土産・買い物 【滞在時間約20分】

自転車で約6分移動

15:58

文化センターへ

自転車を戻して、帰路へ